クリニックでの自毛植毛とは?

自毛植毛・薄毛治療でおすすめのクリニックは?

MENU

クリニックでの自毛植毛とは?

自毛植毛は欧米で盛んに行われている薄毛治療の先端医療で、日本でも人工植毛よりも主流になってきています。ご自身の後頭部の元気な毛髪をそのまま薄くなった部位に移植することで、安全により自然な毛髪を再現させます。その自毛植毛の方法は、自毛を移植するのですが、頭皮の毛乳頭は男性ホルモンの働きで前頭部や頭頂部から薄毛が進行しますが、後頭部や側頭部の毛乳頭は男性ホルモンの影響を受けない為薄毛になりません。それで後頭部の毛髪を薄毛の部分に移植し、男性ホルモンに強い後頭部の性質を維持したまま新しい部位に移植して成長させます。 もちろん自分の毛髪なので、人工毛と違って拒絶反応を引き起こすことはありませんし、自毛植毛では組織を生きたまま移植するため、定着率は90%以上と言われています。3~6か月のヘアサイクルがあるため効果が現れるまでには半年ほど要し1年ほど経てば理想の髪の量を手に入れることができます。治療費は高めですがトラブルなく生えそろうと治療は終了となるので人工植毛のようなメンテナンスも追加料金もなく経済的と言えます。