自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛・薄毛治療でおすすめのクリニックは?

MENU

自毛植毛のメリットとデメリットについて

薄毛治療の最終手段と言われている自毛植毛のメリットとデメリットについて説明しています。まずメリットですが、自分の毛髪を植毛するので人工毛と違って拒絶反応がなく頭皮の定着率は95%とほぼ成功します。それと、薬による薄毛治療の場合は継続的に薬の投与を続けないと効果が薄れてしまうので永久的に費用が掛かりますが自毛植毛の場合は、1度植毛をして生えそろえば治療は終わりなのでお手入れは普通の髪と同じようにシャンプーするだけです。それと、術後の定着した頭皮は自分の自然な頭皮と同じなので年齢を重ねれば周囲の髪と同じように白髪になるので、施術部位だけが目立つことなく全体的に自然な仕上がりになります。気になるデメリットですが、自毛植毛は後頭部や側頭部などから採取を行うため、本数には必然的に限りがあり髪の生える場所を移動しているだけなので髪の全体量には変化がありません。また全体的に薄毛が進行して髪の生えている部分が少なければ手術はできません。それと、1度に高い密度で植毛を行うと生着率が悪くなるため、何度かに分けて手術を行う場合があります。それと、費用ですが保険適用外の為70万から120万ほどかかります。